ナガミヒナゲシ 異国に暮らす植物の凄み

最近、危険外来植物なんて呼ばれて知名度急上昇中の「ナガミヒナゲシ」。

 

その旺盛な繁殖力から「生態系を崩す」と各地で忌み嫌われていますが、この植物は果実が面白い。

ナガミヒナゲシの実

▲長い実のヒナゲシだから「ナガミヒナゲシ」。

ナガミヒナゲシの実

▲実の上部には「窓」がついていて、ここから種が出てくる作り。

ちなみに、この実の形はアヘンの原材料となるケシ科ケシ属の植物の特徴。(※ナガミヒナゲシからはアヘンの成分は取れないそうです。)

 

もともとの住み処はヨーロッパの地中海地方。日本では1961年に世田谷で見つかったそうな。

ナガミヒナゲシの花

確かにこればっかり増えると困っちゃうのだけど、「あなた突然外国にやってきてよくそんなに増えられるね。」という興味の方が湧いてきてしまうのが僕の性分。

 

一体全体どんな種をしているのさ。と、窓をコツコツ叩いて種を出してみる。

ナガミヒナゲシの種

▲小さい!これぞまさに正真正銘「ケシ粒ほどの大きさ」。

ナガミヒナゲシの種

▲中にはぎっしりと種がつまっている。なるほど、こりゃ増えるわけだ…。

 

靴底や車のタイヤに挟まれば遠くまで運んでもらえるし、路上の隙間に入り込むにはうってつけの大きさ。

 

ナガミヒナゲシがアスファルトの道路沿いにたくさん生えているのもこれで納得。

ナガミヒナゲシの種

▲しかも、まだ未成熟のこんな種でも発芽することが出来るらしい。

ナガミヒナゲシの種

▲未熟な種子のアップ写真。

ナガミヒナゲシの花

▲せっかくだから花の中身の様子も見させてもらうことに。

見た目から受ける印象が圧倒的で、なんだかもうナガミヒナゲシが凄いやつにしか見えなくなってきました。

ナガミヒナゲシの種

▲この状態で中身をこじ開けると、さらに未熟な種の様子が見えます。

ナガミヒナゲシの種

▲さらにアップで見させてもらう。結構きれいだ。

この小さな種だけが理由でなく、ナガミヒナゲシは他の植物の生育を妨げるアレロパシー活性が強いと言われていて、その効果によって自分たちだけ優先して陣地を拡げることが出来るのだとか。

ナガミヒナゲシが急速に増えているのにも、よく観察してみればやっぱり理由が隠されていました。

こうして面白い面白い言っている間に、きっと僕の靴底にはナガミヒナゲシの種が付いていて、まんまと運び屋をやらされているのだろうと思うと、この植物の手ごわさを更に強く感じるのでした。

※種の様子を観察したら、その種は近くにばら蒔かないように!


(スポンサードリンク)

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

1 コメント

  1. watashinoniwa

    海ほうずきのような実ですね。私の裏庭に咲いてる小さな朱色の芥子は、もしかしたら、このナガミヒナゲシかも。外来種の植物を目の敵にする人もいる中、ここには何かやさしい視線が在って・・・。

コメントを残す