ナス

▲じゃん!

今年も絶好調です。庭のナス。虫食いは無農薬の証。生物多様性を優先しているんだという建前のもと、野菜を植えてはほったらかしにしている庭の畑です。

ナス

▲庭で野菜を育てている理由は、野菜が育つ様子を観察したいから。ナスの花のつぼみはフサフサしているんだなぁ。というだけで幸せになれるこの頃です。

ナス

▲これが翌日こうしてパンっと開くのだから、毎朝の観察が欠かせません。

ナス

▲あっ、右上にトゲ発見…。これ痛いんだよな。

ナス

▲花の終わり。なんかトゲが気になるな。

ナス

▲うまく受粉が成功していれば、こうしてちょこんっと実が出来てきます。

ナス

▲これが少しづつ大きくなって、ナスになっていくということか。なるほどなるほど。

▲あっ、もう駄目だ。さっきからこのトゲのことが気になって先に進めないぞ。

しょうがない、先に見とくか。トゲ。

ナス

▲わ~!なんとお美しい!!!

遠くから見てても分からなかったけど、なんとなく気になったのは、この美しさが呼んでいたんですね、おナスさん!!

もう、こんなに綺麗なんだったら多少痛くても許しちゃう!凄いなぁこんな見た目をしていたのかぁ。

ナス

▲と、興奮していると何だか他の部分も気になってきたわたし。

この茎についている白い点々が気になるぞ。。。

ナス

▲なんと…!

ナス

▲星型の毛!これぞ星状毛!!

すごい。想像以上に見ごたえ抜群だ。ナス…

ナス

▲あっ、そういえばそうこうしている間に思い出したぞ。この前ナスの雄しべのことを教えてもらったんだった。

なんでもナス科の植物の花の雄しべは筒状になっていて、そこから花粉を出すのだとか。

と言われてもどういうことが分からなかったんですよね。

ナス

▲わぁ!

ナス

▲本当に筒状になっている!!

そ、それで?ここの筒から花粉が出るんだって??とワクワクしながらそっと筒を叩いてみると

ナス

▲出ました出ました。小さな花粉がたっくさん。これが雌しべにくっついて、あのぷっくり美味しいナスが出来上がると。

うわぁ。ナスが出来るまでの様子も本当に見ごたえ抜群で面白いもんだなぁ。これだから庭の野菜作りはやめられません。(もちろん美味しく食べています!)


(スポンサードリンク)