さぁ忙しい季節がやってきました。

ちょっと目を離せば路上の新緑はすぐに形を変え、あ、あれ?もう花咲いてるの?? いや、というかもう実になっている…!

というようにいつも大慌てで植物を観察する季節です。

毎年のように言っていますが、昨年も撮りそびれた写真がたくさんありました。

コナラ

▲その一つがこちら。コナラの新芽。

新芽も色々ですが、私個人的にはコナラの新芽の芸術点の高さは特筆すべきレベルかと思っております。

コナラ

▲だってこの冬芽からは想像も出来ないじゃないですか。

コナラ

▲堅そうに見えた冬芽が伸びていき

コナラ

▲こんなフサフサそうなものが出てくるなんて。

コナラ

▲それにしても冬芽っていうのは、いつも驚くほど中身が豊富です。

コナラ

▲このコナラは、新芽がどんどん展開していきこんな感じになっていきます。

コナラ

▲この垂れ下がっている部分、これが雄花序。

コナラ

コナラ

▲こんな感じの小さな花がたくさん連なった花序になっています。

この花を見ながら、過去にクリの記事を書いた時と同じ疑問が沸き起こってきます。

これが花なのはいいんだけど、この花のどこにドングリがつくのかな。と。

コナラ

▲コナラのドングリはこういうのでした。

コナラ

▲絶対ここじゃないでしょ。ドングリがつくのは。

ということで探してみました。もう大体なんとなく分かるんですよ。

コナラ

▲きっとここ!この葉っぱの付け根!

コナラ

▲ずずんっ!

コナラ

▲ほうらね。やっぱりここだ。

ふっふっふ。コナラの雌花、見つけたり~!!

コナラ

▲まぁだけどこれで納得。

コナラ

▲コナラのドングリの小さいときって、確かにこんな感じでついているものね。(これは去年の7月頃の写真)

去年書いたマテバシイのドングリの記事で、

マテバシイは2年かけて大きくなるドングリと書きましたが、コナラは1年で大きくなるタイプ。

どんぐりが花から実になる過程って意外と見る機会が少ないので、コナラで観察するのもいいかなぁと思います。

よし、これで昨年の撮りこぼしを一つ回収。まだまだまだまだまだあるぞぉ…。

 

**新緑の観察会、ぜひどうぞ**

2019.04.20

新緑の景色をつくる 春の小さな主人公たち 〔まちの植物はともだち in小平〕

「新緑」を全体の景色として楽しむことはとても素晴らしいことですが、今回はその新緑をどういう個が構成しているのかということに着目して観察したいと思います。一瞬の春をつかまえにいきましょう!

詳細:https://www.facebook.com/events/342995619673724/


(スポンサードリンク)